日本語教師として成功するためには、子供から大人まで楽しめる言葉を教えて行く事が必要になります。日常会話の中でも自然と出てくるような言葉を選び、遊びの中から学ぶというスタイルが最も効率よく覚える方法の一つだと言えます。

ゲームの中に日本語を取り入れよう

言葉を覚える上で大切なのは楽しいという感情を生み出せる環境を作り、短時間の集中力を発揮させることにあります。最も効率よく集中力を発揮できるのが子供から大人まで楽しめるゲームを取り入れ、その中に日本語を散りばめる事が挙げられます。
ゲームの中のいたるところに日本語に結びつくことを入れることで、ゲームを進めて行く中で自然と日本語を学ぶ事ができるからです。これは最も効率がよく、長い時間でも集中力を切らせずにできる行動の一つでもあります。
どのようなゲームがいいのかと言うと、単調なリズムではあるがバリエーションの多いリズムを取り入れたゲームになります。言葉あそびはもちろんのこと、ジェッシャーゲームなどもその部類に入ると言えます。

楽しむ事がないよりも大切

何事にも当てはめる事ができる事ですが、楽しむ気持ちがなければ物事を効率よく覚える事ができないと言えます。楽しむと言うことを観点に考えると、体を軽く動かすゲームやカードゲームなどが一般的に子供から大人まで一緒に楽しむ事ができるゲームだとも言えます。
特にカードゲームは単純ではありますが、最も効率よく言葉の仕組みを覚えることに特化しているとも言えます。言葉の意味をカードに記載し組み合わせを考えさせたり、カードを引いて出た言葉の意味の反対の言葉を選ばしたり。
カードというアイテムを使うことで様々なスタイルで取り入れることでき、日常生活の中でも簡単に取り入れる事ができると言えます。その証拠としてカードゲームが世界で流行っている事からも読み取る事ができます。

関連する記事