日本語を教える時に効率よく教えるためには、海外でも有名な曲の歌詞を引用する事が効率よく教えることにつながります。これは知っているものに対して、重ね合わせて教えてく方法になります。

聞き慣れたリズムに日本語を重ねよう

日本語教師として海外で働くためには、その国で流行っている曲などを把握する必要があります。なぜ流行っている曲を把握する必要があるのかというと、そのリズムを引用して授業を行う事ができるからです。
どの国でもそうですが、曲が流行る一番の要因は聞いていて心地よいリズムとメロディーにあります。このリズムとメロディーに教えて行く日本語を当てはめて行く事で、抵抗なく日本語を教えて行く事ができるようになります。
また聞き慣れたリズムに日本語を当てはまれる事で、楽しみながら効率よく理解していけるのも事実だと言えます。どれだけ楽しみながら効率よく頭の中に残すか、その部分を追求した場合に必ず生まれてくるのが歌で教えるという選択になります。

歌の歌詞を引用するのも方法の一つ

日本語を教えるために訪れた国で一番最初にすることは、どのような曲やドラマが流行っているのかを把握することから始まります。曲やドラマの流行りの流れを掴む事が日本語を教えて行く上で最も重要な部分を占めて来ます。
日本語を様々な曲の歌詞に置き換えたり、ドラマのセリフに置き換えたりする事で聞き慣れたリズムを引用して教えて行く事ができます。これはどのような言葉にも当てはまる事で、親しみを覚えるリズムを見つける事が大切になります。
聞き慣れたリズムに言葉を当てはめて覚えることは、日本語を覚える上で大切なプロセスになるとも言えます。これを踏まえた上で効率の良いリズムを探す事が必要になります。

関連する記事