海外で日本語教師になるためには、言葉で会話をすることを楽しむ事が大切になります。言葉を楽しむことは、相手の心を掴むということに繋がるからです。

日本語の難しさをリズムで教えよう

海外の人から見ると見た時、日本語の発生の仕方や言葉の意味は本当に難しいとよく聞きます。一つの単語の発音に対していくつもの意味をもち、さらに言葉の発生の仕方も独特な部分が多いのが特徴です。
しかし日本語特有のリズムを教える事が出来れば、楽しみながら日本語を教えて行く事ができます。歌の中に出てくる日本語を外国の有名な曲の詩に置き換えたり、アニメなどのセリフを使ったり。
言葉を習おうとしている生徒の興味があるものに属した形で日本語を織り交ぜる方が、ただ授業を進めて行くよりも効率よく日本語を教えて行く事ができます。好きなジャンルのものとムズビつけて行く事が教える上で、最も大切なポイントだと言えます。

楽しみになるような授業を提案しよう

海外の人は日本人よりも物事を楽しむ傾向が強く、リズムを大切にする傾向が強く見られる事があります。このリズムを大切にするという部分に着目した形で、日本語を教えるプログラムを組む事が大切になって来ます。
中でも日常会話でよく使う言葉から教えて行くことは基本となり、まずは生活リズムの中に日本語が溶け込むように教えて行く事が大切になります。日本語教師として日本語を教える上で、ただ教えてるのではなく、日常会話の中でもすぐに使えるような即効性が強いものを選ぶことも大切になります。
普段の母国で会話する日常会話の中に、日本語を織り交ぜて話せるようになる事が大切です。そのためにも楽しみながら会話ができる言葉から教えて行く必要があります。

関連する記事