日本語教師としてできることは言葉を教えることですが、日本語の持つ意味を面白おかしく伝えることも大切になります。海外の人は楽しみながら覚えられることに興味を覚える傾向が強く、集中して授業を聞く傾向があります。

よく使われる日本語のカードゲームを作ろう

日本語教師のイメージとして浮かぶのは、ホワイトボードに日本語を書いて言葉を教えるイメージが強くあると思います。しかしそれでは授業に集中せずに、日本語を覚えられない人も出てくる事が挙げられます。
そのような状況を無くすためには、カードを使ったゲームを行う事です。カードゲームはルールも簡単に設定でき、しかも場所を選ばずに行う事ができます。
場所を選ばずにできるということは、日本語に触れる機会を飛躍的に増やす事ができることにつながります。どのようなことにも当てはまりますが、触れる時間が多くなればなるほど習得できる時間が短くなっていきます。
これを踏まえた上で世界的に有名なカードゲームをモチーフに、独自のカードゲームを作るのも大切になります。どのように日本語に長い時間触れ合わせるか、それも日本語教師として重要な仕事の一つと言えます。

簡単でわかりやすいルールを決めよう

日本語を主体としたカードゲームを作るとき、気をつけなければいけないのがルールを簡単に明確にする事が大切になります。日本語は世界の語学から見ても難しい部類に入るため、少しでも簡略する必要性があります。
そこでカードゲームのルールは単純にし、カードの持つ意味を段階をつけて作る事が大切になってきます。段階を設ける事で学ぶ側のペースに合わせて日本語を教えて行くことが可能になります。
このようにルールは単純だが、使うカード(言葉)は段階を踏んで覚えていけるという事が大切になります。日本語の持つ本当の意味をどれだけ効率よく教えて行く事ができるのか、これが最も重要なポイントだと言えます。

関連する記事